Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」装うフィッシング - 「ログイン保護を設置」などとだます

LINEを装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。セキュリティ対策の強化などを口実に偽サイトへ誘導していた。

20180220_li_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールでは、「アカウントが盗まれる事件が多くある」などと不安を煽り、あたかもセキュリティ対策を強化したかのような説明を行い、フィッシングサイトへ誘導。アカウント情報をだまし取る。

メールの本文には、「二段階パスワードの設置いたしました」「ログイン保護を設置いたしました」「その設置をよろしくお願い申し上げます」など、不自然な言い回しも見られた。また誘導先サイトは、中国のドメイン「.cn」でホストされていたという。

2月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同センターではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
「Officeのプロダクトキーで不審な動き」と不安を煽るフィッシング
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「不正行為の防止・抑制」のためとだます
「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング