Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃

「三菱クレジットカード」などと名乗るフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20180205_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「三菱クレジットカードから緊急のご連絡」との件名で送信されており、「第三者によって不正にログインされた可能性がある」「緊急措置でパスワードをリセットした」などと説明。

クレジットカードを引き続き利用するには、手続きが必要などとだまして、フィッシングサイトへ誘導しようとしていた。また、フィッシング行為から注意をそらそうとしてか、「端末がウイルスに感染している可能性もある」といった記載見られた。

一方誘導先のページでは、メールに記載さいれていた「三菱クレジットカード」とは異なる「三菱UFJニコス」を名乗り、カードブランドを選ばせた上で、IDやパスワード、メールアドレス、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードを入力させようとしていた。

今回の攻撃では、誘導用のURLとして12件が確認されているほか、転送先として4件のURLが確認されている。いずれのフィッシングサイトも停止されていることが確認されているが、類似した攻撃が行われる可能性があるとして、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「ポイント付与」口実にカード利用者を誘い込む偽サイト
「静岡からアクセスあった」とだます偽Appleに注意
「MUFGカード」利用者を狙うフィッシング - 複数の文面用いて攻撃
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加