Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - アップデートがリリース

「VMware ESXi」をはじめ、「VMware vCenter Server Appliance(vCSA)」「VMware Workstation」「VMware Fusion」などに脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

同社によれば、認証されたVNCセッションにおいてスタックオーバーフローが生じる「CVE-2017-4941」や、ヒープオーバーフローが生じる「CVE-2017-4933」など、複数の脆弱性が明らかとなったもの。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2017-4940」や権限の昇格「CVE-2017-4943」なども含め、あわせて4件が明らかとなった。脆弱性によって影響を受ける製品、バージョンなどが異なるが、これら脆弱性の重要度はいずれも4段階中上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

同社は、修正パッチやアップデートとして「ESXi 650-201712103-SG」「同650-201710401-BG」「同600-201711103-SG」「同600-201711101-SG」「同550-201709102-SG」「同550-201709101-SG」「vCSA 6.5 U1d」「Workstation 12.5.8」「Fusion 8.5.9」をリリースした。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で