Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性

地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が提供する「公的個人認証サービス」のWindows版クライアントソフトのインストーラに脆弱性が含まれていることが明らかになった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Windows 7」環境のみ影響を受ける脆弱性「CVE-2017-10893」が判明したもの。

インストーラーを起動した際、意図しないライブラリファイルを読み込み、任意のコードを実行されるおそれがある。影響はインストーラーのみですでに導入済みの環境は影響を受けない。

過去に類似した脆弱性「CVE-2016-4902」「CVE-2017-2157」が明らかになっているが、これらとは異なる脆弱性だという。

同脆弱性は、Pink Flying Whaleの黒翼猫氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

対応策として、Windows 7に対してマイクロソフトが提供するパッチの適用と最新インストーラーの利用が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を