Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルカリ、12月上旬より初回出品時の個人情報登録を義務化

個人間取引サービスを提供するメルカリは、12月上旬より不正対策に向けた仕様変更を実施する。初回出品時の個人情報の登録を義務化するほか、売上金を使った商品購入の手順を変更する。

同社が提供するフリマアプリ「メルカリ」において仕様変更を行うもの。実施時期は12月上旬を予定している。

従来より方針を明らかにしていた初回出品時における出品者の個人情報登録義務化を実施。登録された氏名や住所、生年月日と売上金の口座名義が一致しない場合は、売上金を引き出せない仕様にする。過去に出品経験がある場合も、個人情報が未登録の場合は登録が必要となる。

また、売上金の振込申請期限を従来の1年間から90日間へ変更。売上金をそのまま使って商品購入ができなくなり、商品を購入できるポイントに交換して、ポイントを使って購入する手順へ変更する。

個人情報の登録を振込申請時から初回出品時へ早めることで、盗品などの不正出品を抑止するとともに、捜査機関との早期連携を実現するとしている。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件