Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」にDoS攻撃が可能となる脆弱性など判明

「VMware vCenter Server」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートが提供されている。

リモートより細工された「LDAP」パケットを受信するとサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-4927」が判明したもの。「同6.0」以降に影響があり、重要度は4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」にレーティングされている。

またFlashベースの「vSphere Web Client」には、CRLFインジェクションが可能となるサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2017-4928」が含まれ、ヘッダ情報を不正に操作され、情報漏洩が生じるおそれがある。

同脆弱性は「同6.0」「同5.5」に存在し、重要度は同じく「中(Moderate)」。HTML5ベースのクライアントに関しては脆弱性の影響を受けないとしている。

同社では、これら脆弱性を修正した「同6.5 U1」「同6.0 U3c」「」「同5.5 U3f」をリリース。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで