Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構

環境再生保全機構は、NPOやNGOへの連絡メールで誤送信があり、助成金交付団体のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同機構によれば、10月11日10時過ぎ、2017年度の助成団体221団体に送信した連絡メールにおいて誤送信が発生したもの。送信先のメールアドレス292件を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

流出したメールアドレスのうち、50件に担当者の氏名が含まれていたという。同機構では対象となる団体に対し、同日中に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専