Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムを利用する事業者向けにセキュリティリスクを分析するためのガイドを作成、公開した。ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

重要インフラなどをはじめ、制御システムを利用する事業者において、セキュリティ面におけるリスク分析が、十分に実施されておらず、手順を把握できていない事業者もいることから、同ガイドを策定した。

同ガイドでは、リスク分析のノウハウを収録。全体像を把握して実施するための具体的な手順などを示したほか、資産や被害などをベースとした分析シートを提供している。

また特定のセキュリティ対策におけるチェックシートを用意したほか、リスク分析の実施例を別冊として用意している。ダウンロードは、同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA