Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで

大阪府警は、年金加入者の個人情報を盗んだとして、日本年金機構の職員を6月29日に窃盗の容疑で逮捕した。

同機構によれば、当時淀川年金事務所に所属していた職員が、年金加入者の個人情報を不正に持ち出していたという。

同機構で定期的に実施している職員の持ち物点検をきっかけに疑惑が浮上。その後の内部調査により秘密保持義務違反の疑いが濃厚になったため、2月17日に同府警に告発していた。

同機構では今回の逮捕を受け、同職員を6月29日付けで懲戒解雇処分とした。また今後の捜査により、個人情報の漏洩が判明した年金加入者には個別に謝罪し、要望に応じて基礎年金番号の変更を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先による入力ミスや入力漏れで約15万人分の年金支払に影響
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
厚労省、勧告受けて個人情報の保護管理規定を改正
日本年金機構が提供する複数プログラムのインストーラに脆弱性
政府、サイバー攻撃対策で9法人を指定 - GSOCによる監視の対象に
2017年度のセキュリティ関連予算概算要求額は601.4億円
総務省、個人情報の保護に関する実態調査を実施 - 厚労省に改善措置を勧告
標的型攻撃メールには「三位一体対策」を - IPA
2015年の情報漏洩インシデントは799件 - JNSAまとめ