Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報保護法相談ダイヤル」、5月30日スタート

個人情報保護委員会は、改正個人情報保護法の施行を受け、「個人情報保護法相談ダイヤル」を5月30日より提供する。また行政機関による非識別加工情報に関する相談を受け付ける専用ダイヤルも同日付けで設置する。

20170523_pp_001.jpg
あらたに設置される相談ダイアルの概要

同委員会では、個人情報保護法の解釈や個人情報保護制度について、一般的な質問に答える「個人情報保護法質問ダイヤル」を提供してきたが、改正法の施行を受けて「個人情報保護法相談ダイヤル」へ組織を変更。

従来通り、個人情報保護に関する一般的な相談を受け付けるほか、同日以降、個人情報や匿名加工情報の取り扱いを監督する行政委員会として、苦情の申し出についての必要なあっせん処理などにも対応する。

また同時に、行政機関や独立行政法人が匿名加工情報を事業者に提供する制度について、概要や手続きなどを案内する専用ダイヤル「行政機関等非識別加工情報に関する総合案内所」をあらたに設置する。

いずれも、改正法の施行日となる5月30日から運用を開始。受付時間は、土日祝日と年末年始を除く9時半から17時半まで。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%