Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報保護法相談ダイヤル」、5月30日スタート

個人情報保護委員会は、改正個人情報保護法の施行を受け、「個人情報保護法相談ダイヤル」を5月30日より提供する。また行政機関による非識別加工情報に関する相談を受け付ける専用ダイヤルも同日付けで設置する。

20170523_pp_001.jpg
あらたに設置される相談ダイアルの概要

同委員会では、個人情報保護法の解釈や個人情報保護制度について、一般的な質問に答える「個人情報保護法質問ダイヤル」を提供してきたが、改正法の施行を受けて「個人情報保護法相談ダイヤル」へ組織を変更。

従来通り、個人情報保護に関する一般的な相談を受け付けるほか、同日以降、個人情報や匿名加工情報の取り扱いを監督する行政委員会として、苦情の申し出についての必要なあっせん処理などにも対応する。

また同時に、行政機関や独立行政法人が匿名加工情報を事業者に提供する制度について、概要や手続きなどを案内する専用ダイヤル「行政機関等非識別加工情報に関する総合案内所」をあらたに設置する。

いずれも、改正法の施行日となる5月30日から運用を開始。受付時間は、土日祝日と年末年始を除く9時半から17時半まで。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル