Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET

ESETによれば、国内で検出したマルウェアにおいて、JavaScriptベースのマルウェアの割合が目立って縮小しているという。一方で実行ファイルやPDFを添付ファイルへ利用する攻撃の割合が増加した。

ESETのセキュリティ対策ソフトにおける国内のマルウェア検知状況を、キヤノンITソリューションズが取りまとめたもの。

同社によれば、4月は、ばらまき型マルウェアを添付したメールが引き続き確認されており、検出数が多い上位10件のマルウェアうち、7件はメールの添付ファイルより検出されたものだった。

マルウェア上位50件のファイル形式を見ると、もっとも多かったのは、Windows実行ファイル形式のマルウェアで36.1%。従来もっとも多く検知されていたJavaScriptベースのマルウェアは、前月の40%から23.1%へ縮小。PDFファイルベースのマルウェアが14.3%で続いた。

20170523_ci_001.jpg
マルウェア上位50件のファイル形式別の割合(グラフ:CITS)

(Security NEXT - 2017/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加