Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET

ESETによれば、国内で検出したマルウェアにおいて、JavaScriptベースのマルウェアの割合が目立って縮小しているという。一方で実行ファイルやPDFを添付ファイルへ利用する攻撃の割合が増加した。

ESETのセキュリティ対策ソフトにおける国内のマルウェア検知状況を、キヤノンITソリューションズが取りまとめたもの。

同社によれば、4月は、ばらまき型マルウェアを添付したメールが引き続き確認されており、検出数が多い上位10件のマルウェアうち、7件はメールの添付ファイルより検出されたものだった。

マルウェア上位50件のファイル形式を見ると、もっとも多かったのは、Windows実行ファイル形式のマルウェアで36.1%。従来もっとも多く検知されていたJavaScriptベースのマルウェアは、前月の40%から23.1%へ縮小。PDFファイルベースのマルウェアが14.3%で続いた。

20170523_ci_001.jpg
マルウェア上位50件のファイル形式別の割合(グラフ:CITS)

(Security NEXT - 2017/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因