Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース

「VMware Workstation」に複数の脆弱性が判明した。Windows版、Linux版の双方に影響があり、脆弱性へ対処したアップデートがリリースされている。

今回明らかとなった「CVE-2017-4915」は、「同Pro」「同Player」のLinux版において、意図しないライブラリファイルを読み込む可能性がある脆弱性。

脆弱性を悪用された場合、本来権限が与えられていないホストユーザーによって、ルート権限を取得されるおそれがあるという。重要度は4段階中2番目にあたる「重要(Important)」。

また同製品のWindows版では、NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2017-4916」が判明。ノーマルユーザー権限を持つホストユーザーによって、ホストマシンのサービス拒否が引き起こされるおそれがある。同脆弱性の重要度は、4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングされている。

同社では、これら脆弱性を解消した「同12.5.6」を用意。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに