Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース

「VMware Workstation」に複数の脆弱性が判明した。Windows版、Linux版の双方に影響があり、脆弱性へ対処したアップデートがリリースされている。

今回明らかとなった「CVE-2017-4915」は、「同Pro」「同Player」のLinux版において、意図しないライブラリファイルを読み込む可能性がある脆弱性。

脆弱性を悪用された場合、本来権限が与えられていないホストユーザーによって、ルート権限を取得されるおそれがあるという。重要度は4段階中2番目にあたる「重要(Important)」。

また同製品のWindows版では、NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2017-4916」が判明。ノーマルユーザー権限を持つホストユーザーによって、ホストマシンのサービス拒否が引き起こされるおそれがある。同脆弱性の重要度は、4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングされている。

同社では、これら脆弱性を解消した「同12.5.6」を用意。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正