Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Nessus」に複数のXSS脆弱性 - 修正版がリリース

Tenable Network Securityが提供する脆弱性スキャナの「Nessus」に複数の格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。

認証されたユーザーによって、実行されるおそれがあるXSSの脆弱性「CVE-2017-5179」が明らかになったもの。リスクがないXSSの脆弱性について報告を受け、同社が調査を行った際に発見したという。

また脆弱性「CVE-2017-2122」についても対応した。悪用するには、ユーザー権限でログインする必要があるという。同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

同社では、これら脆弱性を修正した「同6.9.3」をリリースしている。

(Security NEXT - 2017/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正