Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務PCでアダルトサイト閲覧、職員を懲戒処分 - 神戸大

神戸大学は、業務用の端末で1年間に約150時間アダルトサイトを私的に閲覧していたとして、事務職員を懲戒処分した。

同大によれば、問題の事務職員は業務で使用しているパソコンを使ってアダルトサイトを閲覧。2016年12月上旬に学内の関係者から報告があり、調査員会を設置して本人や関係者から聞き取り調査を実施したところ、問題が判明した。

調査対象の1年間でアダルトサイトを閲覧した時間は合計で約150時間にのぼり、そのうち約120時間は勤務時間内の閲覧だったという。

アクセスには、学内のパソコンやネットワークを私用に利用しており、同大では就業規則に違反しているとして同職員に対し、停職2カ月の懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2017/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
アダルトサイト閲覧、マルウェア感染した職員を処分 - 佐賀県
湯河原町、アダルトサイト閲覧職員を処分 - ネットバンク用PCがウイルス感染
私物通信カードで解凍ソフトをダウンロード、インストールした職員を懲戒処分 - 立川市
ICカード情報を不正操作した従業員を懲戒処分 - JR東
「処分内容は適切」 - IPA、漏洩事故の対応について理解求める
情報流出事故で職員に停職3カ月の懲戒処分 - IPA
不正譲渡目的で銀行口座開設した教育委員会職員を懲戒免職 - 横浜市
三重県、不正アクセスでメール盗聴した職員を処分 - スパイウェアも活用