Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」

「都税クレジットカードお支払サイト」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報などが流出した問題で、東京都主税局は停止していた同サイトを4月24日9時より再開すると発表した。

問題となった不正アクセスは、同サイトにおいてウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたもので、3月10日よりサービスを停止。原因究明や再発防止策などを進めていた。

同サイトは、指定代理納付者であるトヨタファイナンスおよび、サイト運営を行うGMOペイメントゲートウェイが都の受託により運営。その後セキュリティ対策の強化や再発防止策を終え、都では安全性を確認できたとして、約1カ月半ぶりの再開を決めたという。

再開にあたっては、脆弱性を修正し、ウェブサイトの安全性について点検を実施。システム変更やサーバ監視体制を強化したほか、クレジットカード情報やメールアドレスを保持しないようシステムを変更。運用基準についても見直し、危機管理体制を強化したとしている。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
都、不正アクセス被害の宅建事業者検索サイトを再開 - 5カ月半ぶり
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生