Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」

「都税クレジットカードお支払サイト」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報などが流出した問題で、東京都主税局は停止していた同サイトを4月24日9時より再開すると発表した。

問題となった不正アクセスは、同サイトにおいてウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたもので、3月10日よりサービスを停止。原因究明や再発防止策などを進めていた。

同サイトは、指定代理納付者であるトヨタファイナンスおよび、サイト運営を行うGMOペイメントゲートウェイが都の受託により運営。その後セキュリティ対策の強化や再発防止策を終え、都では安全性を確認できたとして、約1カ月半ぶりの再開を決めたという。

再開にあたっては、脆弱性を修正し、ウェブサイトの安全性について点検を実施。システム変更やサーバ監視体制を強化したほか、クレジットカード情報やメールアドレスを保持しないようシステムを変更。運用基準についても見直し、危機管理体制を強化したとしている。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出