Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セキュリティ教育を目的としたカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼(セキュ狼)」を発売した。

20170327_jn_001.jpg

同ゲームは、参加者が企業を守る「CSIRTチーム」や、内部で不正を行う「汚職者」やそれに加担する「ブラックハットハッカー」となり、所属する陣営を勝利へ導くカードゲーム。対象年齢は10歳以上で3人から20人で楽しむことが可能。

価格は1000円。郵送方法によっては別途送料が必要。入手方法などは同協会のページを参照のこと。

同協会では、ゲームを活用して情報セキュリティ教育を普及させることを目的とした「ゲーム教育プロジェクト」を2016年に発足。ゲームの企画、制作のほか、ゲーム教育による効果を検証するため、大学や高等専門学校などで実証実験を実施。さらにファシリテーターの育成やイベントの企画なども手がけている。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か