Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社

マーケティング事業を手がけるPLAN-Bは、顧客情報を保存したデータベースが外部からアクセスできる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、公開情報を利用することでインターネット上からデータベースへアクセスできる状態だったことが判明したという。データベースには、同社が提供するサービスに登録している顧客約3500人の氏名のほか、法人の名称、電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同社が契約しているサーバ事業者から、3月8日に同社のアカウントが侵害されているとの指摘があり、翌9日より調査を行ったところツールの設定ミスが明らかになった。

同社は、顧客情報の不正利用など確認されていないが、二次被害を防ぐために公表したと説明。設定の変更やソースコードのチェックなど対策を実施したほか、インターネット上の監視を引き続き実施するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で