Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社

マーケティング事業を手がけるPLAN-Bは、顧客情報を保存したデータベースが外部からアクセスできる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、公開情報を利用することでインターネット上からデータベースへアクセスできる状態だったことが判明したという。データベースには、同社が提供するサービスに登録している顧客約3500人の氏名のほか、法人の名称、電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同社が契約しているサーバ事業者から、3月8日に同社のアカウントが侵害されているとの指摘があり、翌9日より調査を行ったところツールの設定ミスが明らかになった。

同社は、顧客情報の不正利用など確認されていないが、二次被害を防ぐために公表したと説明。設定の変更やソースコードのチェックなど対策を実施したほか、インターネット上の監視を引き続き実施するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞