Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、セキュリティオペレーションセンターにおいて攻撃を監視しているラックは、攻撃が増加傾向にあるとして注意を呼びかけた。

20170317_la_001.jpg
攻撃の検知数および重要インシデント数(グラフ:ラック)

任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-5638」が3月6日に判明し、同社では3月7日ごろより攻撃の増加を観測。

同日以降も継続して多数の攻撃を検知しているという。

同社では3月10日に攻撃を検知するための定義ファイルを追加したことも影響し、攻撃の検知数が増加傾向にあると説明。3月10日から16日までの一週間は、1500件から2000件のレンジで攻撃を観測。ピークを迎えた3月14日には2000件を突破した。

一方、重要インシデントも引き続き発生しているが、3月9日をピークに減少傾向にあり、セキュリティ機関による注意喚起など実施され、対策が進んだ結果ではないかと分析している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Struts 2脆弱性」を攻撃された特許情報サイト「J-PlatPat」が再開 - 情報漏洩を否定
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
「Apache Struts 2」脆弱性、複数VMware製品に影響 - パッチ提供保留、一部緩和策も
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因