Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開

Avast Softwareは、3種のランサムウェアに対応する復号化ツールの無償提供を開始した。

無償提供を開始したのは、オープンソースのランサムウェアである「Hidden Tear」をはじめ、「Jigsaw」「Stampado」など3種のランサムウェアに対応する復号ツール。

すでにこれらランサムウェアへ対応した復号ツールは、 No More Ransom Projectなどをはじめ、無料ツールが公開されており目新しいものではないが、ランサムウェアが使う暗号化キーとアルゴリズムが大きく変化しているとして、同社でも復号化ツールを公開したという。

同社では今回公開したものを含め、全14種のランサムウェアに対応する復号ツールを公開しており、いずれも同社のウェブサイトからダウンロードできる。対応するランサムウェアは以下のとおり。

Alcatraz Locker
Apocalypse
BadBlock
Bart
Crypt888
CrySiS
Globe
HiddenTear
Jigsaw
Legion
NoobCrypt
Stampado
SZFLocker
TeslaCrypt

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム身代金の平均額は1077ドル - 3割強の被害者が支払い
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談
ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
ソフォス、サーバセキュリティ製品にランサムウェア対策機能
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意