Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテック、統合ログ管理製品にブラックリストとの突合機能

インテックは、ログ管理製品「LogRevi」の新版を提供開始した。ブラックリストの情報を用いて不審なログを検知する機能を追加したという。

同製品は、企業におけるさまざまなシステムのログを統合管理できるソリューション。従来製品は、管理者が日次レポートから不審な挙動を見つけ、原因を調査する必要があったが、新版では、セキュリティベンダーより別途購入したブラックリストの情報とログを突合し、一致するログをリアルタイムに検知する機能を搭載したという。

価格は1ライセンス170万円から。同社では、3年間で15億円の販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」