Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Olive Blog」など3製品に脆弱性 - 利用中止を

オリーブデザインが提供した「Olive Blog」など3製品にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。開発は終了しており、利用を中止するようセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Olive Blog」や「Olive Diary DX」「WEB SCHEDULE」には、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在するという。

いずれもすでに開発や配布を終了しており、脆弱性が修正される予定はないことから、利用を中止するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
大量の脆弱性報告で注意喚起、インストーラ作製アプリなどに起因 - 脆弱性狙うマルウェアも
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
防衛装備庁の入札システムインストーラに脆弱性 - 修正版が公開
「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 脆弱性37件を解消
「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性 - アップデートがリリース
無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性
複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.7.5」がリリース - 即時更新を推奨