Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Olive Blog」など3製品に脆弱性 - 利用中止を

オリーブデザインが提供した「Olive Blog」など3製品にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。開発は終了しており、利用を中止するようセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Olive Blog」や「Olive Diary DX」「WEB SCHEDULE」には、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在するという。

いずれもすでに開発や配布を終了しており、脆弱性が修正される予定はないことから、利用を中止するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの「InterScan Web Security」に脆弱性 - ホットフィクスがリリース
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「RoboHelp」向けにセキュリティアップデートをリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA
MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か