Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Olive Blog」など3製品に脆弱性 - 利用中止を

オリーブデザインが提供した「Olive Blog」など3製品にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。開発は終了しており、利用を中止するようセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Olive Blog」や「Olive Diary DX」「WEB SCHEDULE」には、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在するという。

いずれもすでに開発や配布を終了しており、脆弱性が修正される予定はないことから、利用を中止するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」に17件の脆弱性 - アップデートがリリース
Oracleが定例パッチを公開 - 270件の脆弱性に対応
複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.7.1」 - 「PHPMailer」の更新も
「WordPress 4.6.1」がリリース、脆弱性など17件のバグを修正
CodeLathe製ファイル共有製品「FileCloud」に脆弱性
PowerDNSに複数の脆弱性 - アップデートがリリース
アタッシェケースにディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートが公開
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
「BIND 9」に複数の深刻な脆弱性 - キャッシュDNSサーバに影響