Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zend Framework 2」に「PHPMailer」と同様の脆弱性 - 最新版で修正

「Zend Framework」のメール用コンポーネントに、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。最新版で修正されている。

同フレームワークに含まれる「zend-mail」にコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-10034」が含まれていることが判明したもの。同脆弱性は、「PHPMailer」や「SwiftMailer」で明らかとなった脆弱性と同様の性質のもので、両脆弱性と同じくポーランドのセキュリティ専門家であるDawid Golunski氏が発見、報告した。

ウェブフォームなどから入力された情報をもとに「zend-mail」の「Sendmail adapter」を利用してメールを送信する際、コードを実行されるおそれがある。

Dawid Golunski氏は今回の脆弱性について、アドバイザリで限定的な実証コード(PoC)を示しているが、エクスプロイトコードなど詳細については今後公開するとしている。

また同脆弱性は、Dawid Golunski氏によるアドバイザリの公表に先駆けて12月20日にリリースされた「Zend Framework 2.4.11」および「zend-mail 2.4.11」「zend-mail 2.7.2」にて修正されているという。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明