Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zend Framework 2」に「PHPMailer」と同様の脆弱性 - 最新版で修正

「Zend Framework」のメール用コンポーネントに、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。最新版で修正されている。

同フレームワークに含まれる「zend-mail」にコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-10034」が含まれていることが判明したもの。同脆弱性は、「PHPMailer」や「SwiftMailer」で明らかとなった脆弱性と同様の性質のもので、両脆弱性と同じくポーランドのセキュリティ専門家であるDawid Golunski氏が発見、報告した。

ウェブフォームなどから入力された情報をもとに「zend-mail」の「Sendmail adapter」を利用してメールを送信する際、コードを実行されるおそれがある。

Dawid Golunski氏は今回の脆弱性について、アドバイザリで限定的な実証コード(PoC)を示しているが、エクスプロイトコードなど詳細については今後公開するとしている。

また同脆弱性は、Dawid Golunski氏によるアドバイザリの公表に先駆けて12月20日にリリースされた「Zend Framework 2.4.11」および「zend-mail 2.4.11」「zend-mail 2.7.2」にて修正されているという。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性