Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zend Framework 2」に「PHPMailer」と同様の脆弱性 - 最新版で修正

「Zend Framework」のメール用コンポーネントに、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。最新版で修正されている。

同フレームワークに含まれる「zend-mail」にコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-10034」が含まれていることが判明したもの。同脆弱性は、「PHPMailer」や「SwiftMailer」で明らかとなった脆弱性と同様の性質のもので、両脆弱性と同じくポーランドのセキュリティ専門家であるDawid Golunski氏が発見、報告した。

ウェブフォームなどから入力された情報をもとに「zend-mail」の「Sendmail adapter」を利用してメールを送信する際、コードを実行されるおそれがある。

Dawid Golunski氏は今回の脆弱性について、アドバイザリで限定的な実証コード(PoC)を示しているが、エクスプロイトコードなど詳細については今後公開するとしている。

また同脆弱性は、Dawid Golunski氏によるアドバイザリの公表に先駆けて12月20日にリリースされた「Zend Framework 2.4.11」および「zend-mail 2.4.11」「zend-mail 2.7.2」にて修正されているという。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート