Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデート機能のライブラリ「WinSparkle」に脆弱性

アップデート機能を提供するWindows向けライブラリ「WinSparkle」において、任意のフォルダやファイルが削除される脆弱性「CVE-2016-7838」が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ライブラリでは、一時ファイルの保存場所をレジストリで保持しているため、レジストリの値を変更されると同ライブラリを利用するソフトを起動した際に、任意のフォルダやファイルが削除されるおそれがある。「Wireshark 2.0.5」など、同ソフトを利用しているソフトも影響を受ける。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの吉川孝志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同脆弱性は、最新版となる「WinSparkle 0.5.3」にて修正されている。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース