Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bluetoothプロトコルスタック「BlueZ」の付属ユーティリティに脆弱性

Linux向けのBluetoothプロトコルスタックとして提供されている「BlueZ」の付属ユーティリティに脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ユーティリティにおいて、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-7837」が含まれていることが判明したもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の松隈大樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「同5.42」にて脆弱性が修正され、さらに不具合が修正された「同5.43」がリリースされている。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消
「McAfee Web Gateway」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
「gSOAP」に脆弱性、2GB超の細工されたデータの処理で影響
CSSカスタマイズ用WordPressプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正