Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」の提供が再開

地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が提供する「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」のWindows向けインストーラーに脆弱性が見つかった問題で、脆弱性の修正が終了し、同ソフトの提供が再開されている。

問題となった「CVE-2016-4902」は、検索パスの指定に脆弱性が存在。悪意あるライブラリファイルを読み込み、コードを実行されるおそれがあった。

「Windows 7」以降向けのバージョンについては、メインテナンスが終了したとして10月31日より修正版が公開されていたが、公開が遅れていた「Windows Vista」向けのバージョンについても配布が再開されている。

同機構では、インストーラーのプロパティ画面にあるデジタル署名のタブからタイムスタンプを確認し、最新のインストーラーであることを確認した上で利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース