Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「伊勢志摩サイバーグループ」が都内で初会合 - サイバー空間の安全性向上を議論

G7の作業部会「伊勢志摩サイバーグループ(ISCG)」の初会合が、10月14日に都内で開催された。

同グループは、2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットで立ち上げが決定されたサイバー空間に関する作業部会。

第1回目となる今回の会合では、水嶋光一外務省総合外交政策局審議官兼サイバー政策担当大使が議長を務め、サイバー空間における安全性、安定性の向上を目指して、最近のサイバーセキュリティ環境について議論。国際法や規範、信頼醸成、能力構築支援に向けた取り組みをどうのように推進するか意見を交換した。

参加国は、2017年に開催されるイタリアでのG7サミットを視野に引き続き協力し、2017年の早い時期に第2回会合を開催する予定。

(Security NEXT - 2016/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用