Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、サイバー攻撃対策で9法人を指定 - GSOCによる監視の対象に

政府は、サイバーセキュリティ戦略本部において第10回目の会合を開催し、サイバー攻撃から情報システムを保護するため、監査や調査、監視の対象として、日本年金機構を含む9法人をあらたに指定した。

これまで監査については中央省庁および独立行政法人、原因調査や監視の対象を中央省庁のみとしていたが、改正サイバーセキュリティ基本法ではセキュリティ強化を目的に、独立行政法人はもちろん、特殊法人、認可法人についても、監査、原因調査、政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム(GSOC)による監視の対象に加えるとしており、今回あらたに対象を指定した。

今回指定されたのは、法改正の当初より想定されていた「日本年金機構」をはじめ、「地方公共団体情報システム機構」「地方公務員共済組合連合会」「地方職員共済組合」「都職員共済組合」「全国市町村職員共済組合連合会」「国家公務員共済組合連合会」「日本私立学校振興・共済事業団」「公立学校共済組合」の9法人。

指定された法人では、統一的な基準の策定のほか、情報システムに対する不正な活動の監視や分析、サイバーセキュリティに関する演習、関係機関との連携、情報共有など必要な施策を講じる必要がある。

(Security NEXT - 2016/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施