Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント

NECプラットフォームズは、セキュリティ対策機能を備えた無線LANアクセスポイント「NA1000シリーズ」を10月末より提供開始する。

同製品は、中小企業や学校向けの無線LANアクセスポイント。不正デバイスの検出やWEPキー取得行為の遮断、無線接続のエリア制限などセキュリティ機能を搭載。またフィッシングサイト、マルウェア感染サイトへのアクセスを遮断したり、DoS攻撃や脆弱性に対する攻撃の防御にも対応しているという。

IEEE802.11acに対応し、通信速度は最大1300Mbps。さらに管理コンソールにより、複数のアクセスポイントやデバイスの登録など一括設定が可能。すでにアクセスポイント導入済みの場合にも追加できる。

価格は、すべてのセキュリティ対策機能を搭載した「NA1000W」が10万440円。一部機能を搭載した「NA1000A」が7万3440円。アクセスポイント10台分のライセンスが付属する管理コンソールが12万9600円。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充