Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - テスト用インターフェースが残存

Cisco Systemsのメールセキュリティ製品「Cisco Email Security Appliance(ESA)」にリモートよりルート権限を奪われるおそれがある深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

20160929_cs_001.jpg
脆弱性の重要度は「クリティカル」(画像:Cisco Systems)

同製品に搭載しているOS「Cisco IronPort AsyncOS」において、リモートより認証なしに機器の制御を奪取することが可能となる脆弱性「CVE-2016-6406」が判明したもの。同社では脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル」にレーティングしている。

一部バージョンに製造段階で必要となるテストやデバッグ用に用意されたインタフェースが存在していることが判明したもので、同インタフェースを攻撃することで、ルート権限を取得できるという。

同社では、回避策として対象機器をコマンドラインからリブートすることによりテスト用インタフェースを使用不能にできると説明。また脆弱性を修正した「同9.1.2-041」「同9.7.2-065」をリリースした。「同10.0.0系」に関してはパッチの準備を進めている。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起