Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシールの偽サイトに注意 - 検索エンジンで誘導されるケースも

ディノス・セシールは、同社のロゴや商品画像などを盗用した悪質なサイトが確認されているとして、注意を呼びかけている。

同社のロゴや商品の画像、文章などを盗用して作成し、同社サイトに見せかけた「偽サイト」が確認されたもの。同社では2サイトを確認しているが、ほかに存在する可能性もある。

検索エンジンで商品名で検索すると、検索結果へ偽サイトへのリンクが表示されるケースもあるという。同社は、現在確認している偽サイトのURLを公開するとともに、正規サイトのURLなどを確認し、誤って偽サイトへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意