Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシールの偽サイトに注意 - 検索エンジンで誘導されるケースも

ディノス・セシールは、同社のロゴや商品画像などを盗用した悪質なサイトが確認されているとして、注意を呼びかけている。

同社のロゴや商品の画像、文章などを盗用して作成し、同社サイトに見せかけた「偽サイト」が確認されたもの。同社では2サイトを確認しているが、ほかに存在する可能性もある。

検索エンジンで商品名で検索すると、検索結果へ偽サイトへのリンクが表示されるケースもあるという。同社は、現在確認している偽サイトのURLを公開するとともに、正規サイトのURLなどを確認し、誤って偽サイトへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換