Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転職支援サイトに不正アクセス、個人情報が流出

アジアでの転職支援サービスを提供するアイコニックジャパンは、運営する一部転職支援サイトが不正アクセスを受け、登録者の個人情報が流出したことを明らかにした。

6月29日未明、同社が運営するウェブサイト「iconic-jp.com」「iconicvn.com」「id.iconicjob.com」が不正アクセスを受けたもの。一部顧客に対して同社メールアドレスから「PayPal」へのログインを促すメールが配信され、翌30日にメールを受信した顧客から連絡があり被害へ気が付いた。

ウェブサイトで利用していたソフトウェアの脆弱性が突かれたもので、不正アクセスにより流出した可能性があるのは、これらサイトに登録していた1105人分の顧客情報。氏名や住所、電話番号、国籍、性別、生年月日、メールアドレスのほか、最終学歴や職務経歴、履歴書などが含まれる。

同社では、対象となる登録者にメールで報告。同社になりすましたメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活