Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転職支援サイトに不正アクセス、個人情報が流出

アジアでの転職支援サービスを提供するアイコニックジャパンは、運営する一部転職支援サイトが不正アクセスを受け、登録者の個人情報が流出したことを明らかにした。

6月29日未明、同社が運営するウェブサイト「iconic-jp.com」「iconicvn.com」「id.iconicjob.com」が不正アクセスを受けたもの。一部顧客に対して同社メールアドレスから「PayPal」へのログインを促すメールが配信され、翌30日にメールを受信した顧客から連絡があり被害へ気が付いた。

ウェブサイトで利用していたソフトウェアの脆弱性が突かれたもので、不正アクセスにより流出した可能性があるのは、これらサイトに登録していた1105人分の顧客情報。氏名や住所、電話番号、国籍、性別、生年月日、メールアドレスのほか、最終学歴や職務経歴、履歴書などが含まれる。

同社では、対象となる登録者にメールで報告。同社になりすましたメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
不正アクセスでアカウント情報流出か - ねじ販売サイト