Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress用モバイル対応プラグインにゼロデイ攻撃 - 修正版が公開

「WordPress」において、モバイル端末向けに最適なテーマを表示するためのプラグイン「WP Mobile Detector」に脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生していたことがわかった。修正版がリリースされている。

20160602_wp_001.jpg
脆弱性が明らかとなり、アップデートが公開された「WP Mobile Detector」

脆弱性が明らかとなったのは、コンテンツマネジメントシステム「WordPress」において、アクセスしたスマートフォンなどを検知し、モバイル向けのテーマを表示するプラグイン「WP Mobile Detector」。

同プラグインに含まれるリサイズ用のプログラムに脆弱性が存在。簡単なリクエストを送信するだけで、攻撃者が任意のファイルをアップロードすることが可能な状態だった。

不審なアクセスがあったことから、White Fir Designが脆弱性に気が付き、5月29日に開発者であるwebsitez.comへ報告。5月31日にWordPress.orgよりプラグインが削除されたことを受け、同日にWhite Fir Designが実証コード(PoC)を公開していた。

websitez.comでは、6月2日に脆弱性を修正した「同3.6」を公開。6月3日には別の修正をくわえた最新版「同3.7」をリリースしている。

Sucuriが調査を行ったところ、脆弱性が公開されるより以前にあたる5月27日より少なくとも攻撃が発生していたことが判明。アップデートが公開された6月2日までゼロデイ攻撃の状態だった。ゼロデイ攻撃では、アダルトサイトへの誘導に悪用されていたという。

(Security NEXT - 2016/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性