Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【熊本地震】IPA、沖縄除く九州地区で2016年春期の情報処理技術者試験が中止に

情報処理推進機構(IPA)は、4月14日以降、九州地区で地震が相次ぎ発生しているとして、沖縄県を除き、九州地区において4月17日に予定していた「情報処理技術者試験」を中止すると発表した。

20160416_ip_001.jpg
試験実施を中止する試験地および試験会場(表:IPA)

九州地方において、建物の破損や交通、輸送などに影響を出ていることを踏まえ、当初発表していた熊本県にくわえ、沖縄県を除く九州地方における試験を中止する。

対象は、福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の8試験地の11試験会場。該当する受験者には、「次回試験への振替」または「受験手数料の返還」を行う方針。書面郵送により後日案内するとしている。

他試験地は、予定通り4月17日に試験を実施する予定。試験実施日となる4月17日の午前6時までに、試験実施に関する情報をホームページなどで掲載する予定としており、同機構では受験者へ確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%