Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SambaとMS、脆弱性「Badlock」を修正 - 公開直後より悪用される懸念も

20160413_bl_001.jpg

「Badlock」として、修正が事前に予告されていた「Windows」と「Samba」に関する深刻な脆弱性に対し、修正プログラムが予定通りマイクロソフトの月例セキュリティ更新にあわせてリリースされた。公開後は脆弱性が悪用される可能性が高いとされており、注意が必要だ。

問題の「CVE-2016-2118」は、Samba Coreチームに所属する独SerNetのStefan Metzmacher氏が発見した脆弱性。

「Security Account Manager Remote(SAMR)」や、「Local Security Authority Domain Policy(LSAD)」といったリモートプロトコルの処理に関する脆弱性で、悪用されると「マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)」を行われたり、サービス停止に追い込まれるおそれがある。

具体的な被害としては、「Samba」で構築した「Active Directoryサーバ」において、ユーザーのパスワードハッシュなどデータベースの情報が摂取されたり、改変される、重要なサービスが停止されるといった悪用のおそれがあるという。またADサーバ以外の「Sambaサーバ」でも、ユーザーやファイル、ディレクトリの権限が変更される可能性がある。

同脆弱性へ対応した修正版として、Sambaの開発チームは、「Samba 4.4.2」「同4.3.8」「同4.2.11」をリリース。マイクロソフトでは、「SAM」および「LSAD」リモートプロトコル用のセキュリティ更新プログラムとして「MS16-047」をリリース。認証レベルが強制的にダウングレードされる「CVE-2016-0128」に対して、認証レベルを処理する方法を変更することで対応した。

また「Badlock」に関連した「Samba」の脆弱性として「CVE-2015-5370」「CVE-2016-2110」「CVE-2016-2111」「CVE-2016-2112」「CVE-2016-2113」「CVE-2016-2114」「CVE-2016-2115」が明らかとなっており、あわせて修正されている。

(Security NEXT - 2016/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性