Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISC DHCPにサービス拒否のおそれ - 修正版は3月中に公開予定

Internet Systems Consortium(ISC)の「DHCP」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2016-2774」が含まれていることがわかった。ISCやセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同サーバでは、同時接続数を制御しておらず、大量の接続を確立、状態を維持された場合にサービス拒否の状態が生じる可能があるほか、同攻撃によりリソースの過剰消費などを引き起こすおそれもある。

脆弱性は、「同4.3.3-P1」「同4.2.8」「同4.1-ESV-R12-P1」に存在しており、以前のバージョンも含まれる。ISCでは、脆弱性を修正した「同4.1-ESV-R13」「同4.3.4」を3月中にリリースする予定。また信頼できるホスト以外からの通信を遮断するなど、緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測