Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報持ち出しと不正アクセスで職員を懲戒免職 - 岐阜県

岐阜県は、職場から私的な目的で個人情報を持ち出すとともに、他人のIDを使ってコンピュータへ不正アクセスを行った職員に対し、3月2日付けで懲戒処分を実施した。

同県によれば、同職員が最初に個人情報を持ち出したのは2013年8月22日ごろ。岐阜県総合医療センターにおいて、同センター職員の個人情報を業務以外の目的で収集。さらに翌2014年8月12日および9月12日に、総務事務センターで県職員の個人情報を持ち出していた。

また同職員は、類推したIDやパスワードを用い、2014年9月12日から2015年11月18日までの間、57回にわたり不正アクセスを行っていたという。

同県では同職員を懲戒免職とし、管理監督する立場にあった3人に対し、管理監督責任に基づく戒告処分を行った。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村