Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「貴様のアカウント」? - 「りそな銀」装う上から目線フィッシング

りそなグループに対するフィッシング攻撃が頻発している。1月末より「りそな銀行」や「埼玉りそな」銀行のフィッシングが確認されているが、再び「りそな銀行」を装うメールが確認された。

20160226_ap_001.jpg
誘導先の偽サイト。季節外れのあじさいが表示されている(画像:フィッシング対策協議会)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、問題のメールは「システムセキュリティのアップデート」を利用に、ウェブサイトへのアクセスを促す内容。「本人認証サービス」のボタンからりそな銀行の偽ログイン画面に誘導する。

メールの本文には「貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります」など不自然な言い回しも含まれる。

りそな銀行の利用者を狙ったフィッシングメールは1月末にも確認されている。また埼玉りそな銀行を騙ったフィッシングメールについても多数の報告が寄せられ、2月22日に注意喚起が行われたばかり。

11時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中で、同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼した。今後も類似の攻撃が発生する可能性があるため、引き続き警戒を呼びかけている。

りそなグループを狙い、過去に出回ったフィッシングメールでは「こんにちは!」という書き出しが特徴的で、今回のメールも、金融機関が発信するメールにそぐわない表現を用いており、注意深く確認すれば第三者が発信した悪意あるメールであることを気が付くことができるものだった。

一方、フィッシングや標的型攻撃では、流暢な日本語を用いたり、実際に発信されたメールの文面を盗用するなど、一見「不審」と感じないメールも多数出回っている。文面の内容にかかわらず、メールの添付ファイルを開いたり、URLへアクセスする場合は、細心の注意を払う必要がある。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
カード会社装い「カードをロックする」と不安煽るフィッシング
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る