Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院が不正アクセス受けた可能性、なりすましスパムも - 新潟

新潟県立柿崎病院のウェブサイトが、不正アクセスを受けた可能性があることがわかった。発信元に同院を装って不正サイトへ誘導するスパムメールも発信されており、同県では関連性などを調査している。

同県によれば、2月4日に検索サイトより同院サイトにアクセスすると、無関係のサイトへ誘導する画面が表示される状態となっていたもの。同県ではサイトを閉鎖、安全性の確認を取っていると説明。12日の時点では、同サイトへアクセスするとウェブサーバの初期画面が表示される状態となっている。

同県では、問題のウェブサーバは、病院の医療システムや同県LANと接続しておらず、情報漏洩に関しても確認されていないとしているが、影響など詳しく調べている。

また同院を装った不審メールも確認された。同院の代表メールアドレスに送信エラーのメッセージが大量に届いたことから判明。問題のメールは、2月3日夜から4日朝にかけて送信されたと見られる。メールは英文で、他サイトへ誘導する内容だったという。ウェブサイトへの不正アクセスとの関連性も含め、調査を進めている。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院