Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院が不正アクセス受けた可能性、なりすましスパムも - 新潟

新潟県立柿崎病院のウェブサイトが、不正アクセスを受けた可能性があることがわかった。発信元に同院を装って不正サイトへ誘導するスパムメールも発信されており、同県では関連性などを調査している。

同県によれば、2月4日に検索サイトより同院サイトにアクセスすると、無関係のサイトへ誘導する画面が表示される状態となっていたもの。同県ではサイトを閉鎖、安全性の確認を取っていると説明。12日の時点では、同サイトへアクセスするとウェブサーバの初期画面が表示される状態となっている。

同県では、問題のウェブサーバは、病院の医療システムや同県LANと接続しておらず、情報漏洩に関しても確認されていないとしているが、影響など詳しく調べている。

また同院を装った不審メールも確認された。同院の代表メールアドレスに送信エラーのメッセージが大量に届いたことから判明。問題のメールは、2月3日夜から4日朝にかけて送信されたと見られる。メールは英文で、他サイトへ誘導する内容だったという。ウェブサイトへの不正アクセスとの関連性も含め、調査を進めている。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明