Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスタリスク、米Cigital製脆弱性テストサービスを提供

アスタリスク・リサーチは、アプリケーションテストサービス「Cigital 3D」を1月25日より提供を開始する。

同サービスは、ウェブサイトやスマートフォン向けアプリケーションの脆弱性についてテストできるもので、米Cigitalによるサービスを国内向けに展開する。

テストメニューとして、自動スキャンや自動ハッキングテストにくわえ、手動によるハッキングテストにも対応。スマートフォンアプリケーションのテストにおいては、コーディングのチェックも行うことができる。

テスト終了後は、脆弱性の再現手順や影響の深刻度、改善案などをレポートするほか、ハッキング担当者によるオンライン会議も可能。料金体系は、テスト回数にかかわらず、1アカウントごとのサブスクリプション方式となっている。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
SECCON決勝大会の進出チームが決定
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ