Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスタリスク、米Cigital製脆弱性テストサービスを提供

アスタリスク・リサーチは、アプリケーションテストサービス「Cigital 3D」を1月25日より提供を開始する。

同サービスは、ウェブサイトやスマートフォン向けアプリケーションの脆弱性についてテストできるもので、米Cigitalによるサービスを国内向けに展開する。

テストメニューとして、自動スキャンや自動ハッキングテストにくわえ、手動によるハッキングテストにも対応。スマートフォンアプリケーションのテストにおいては、コーディングのチェックも行うことができる。

テスト終了後は、脆弱性の再現手順や影響の深刻度、改善案などをレポートするほか、ハッキング担当者によるオンライン会議も可能。料金体系は、テスト回数にかかわらず、1アカウントごとのサブスクリプション方式となっている。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
北朝鮮「HIDDEN COBRA」関与のトロイの木馬「HOPLIGHT」 - 米政府がIoC公開