Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスタリスク、米Cigital製脆弱性テストサービスを提供

アスタリスク・リサーチは、アプリケーションテストサービス「Cigital 3D」を1月25日より提供を開始する。

同サービスは、ウェブサイトやスマートフォン向けアプリケーションの脆弱性についてテストできるもので、米Cigitalによるサービスを国内向けに展開する。

テストメニューとして、自動スキャンや自動ハッキングテストにくわえ、手動によるハッキングテストにも対応。スマートフォンアプリケーションのテストにおいては、コーディングのチェックも行うことができる。

テスト終了後は、脆弱性の再現手順や影響の深刻度、改善案などをレポートするほか、ハッキング担当者によるオンライン会議も可能。料金体系は、テスト回数にかかわらず、1アカウントごとのサブスクリプション方式となっている。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る