Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例アップデートで「Java SE」の脆弱性を解消

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Java SE」の深刻な脆弱性を修正した。

今回のアップデートでは、8件の脆弱性を修正。そのうち3件が「CVSS v2」の最高スコアである「10.0」であり、3段階中もっとも高い「危険」。のこる5件は、いずれも「6.9」以下であり、2番目に高い「警告」だった。

同社は脆弱性を修正した「同8 Update 71」を公開。またバグの修正を実施した「同8 Update 72」を用意している。同社やセキュリティ関連機関では、早期にアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用