Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、UDPショートパケットのリアルタイム分析機能をリリース

Infobloxは、DNSに対する攻撃の増加を受け、同社製品における機能強化や、国内における事業展開への注力を図る。

同社では、手はじめに、UDPショートパケットをリアルタイム分析し、レポーティング機能を提供する「Infoblox DNS Threat Analytics」を1月末より投入する。

またIPアドレスを可視化する「IPAM機能」を、通信事業者やクラウド事業者に対して展開。サーバ管理者や、ネットワーク管理者間のIPアドレスの共通管理などを支援していく。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性