Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、UDPショートパケットのリアルタイム分析機能をリリース

Infobloxは、DNSに対する攻撃の増加を受け、同社製品における機能強化や、国内における事業展開への注力を図る。

同社では、手はじめに、UDPショートパケットをリアルタイム分析し、レポーティング機能を提供する「Infoblox DNS Threat Analytics」を1月末より投入する。

またIPアドレスを可視化する「IPAM機能」を、通信事業者やクラウド事業者に対して展開。サーバ管理者や、ネットワーク管理者間のIPアドレスの共通管理などを支援していく。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver 2.4.0」がリリース
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多