Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調剤薬局に侵入者、顧客情報入りPCなどが盗難 - 総合メディカル

総合メディカルは、神奈川県のそうごう薬局東海大学前店で盗難が発生し、顧客の保険請求用データが保存されたパソコンなどが被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、1月11日未明に何者かが店舗正面のガラスを割って侵入、盗難被害にあったもの。現金や処方箋、ノートパソコン1台が入ったキャビネットを持ち去っており、3時過ぎに警備会社からの連絡で被害に気が付いた。

被害に遭ったノートパソコンには、2015年6月から12月までの保険請求用データ7959件が保存されており、顧客2535人分の氏名や処方医療機関名、処方医師名、コード化された処方内容などが記載されていた。

またキャビネットには、患者288人分の氏名や生年月日、保険番号、処方内容などが記載された処方箋が入っていたが、近隣の路上で鍵を壊されたキャビネットとともに発見され、回収したという。

同社では警察へ被害届を提出したが、パソコンは見つかっていない。データの外部流出や不正利用などは、現時点では確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 北海道大
生徒の個人情報含むPCを一時紛失 - 東京工業高専
個人情報含むPCが盗難被害 - 日本診療放射線技師会
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT