Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調剤薬局に侵入者、顧客情報入りPCなどが盗難 - 総合メディカル

総合メディカルは、神奈川県のそうごう薬局東海大学前店で盗難が発生し、顧客の保険請求用データが保存されたパソコンなどが被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、1月11日未明に何者かが店舗正面のガラスを割って侵入、盗難被害にあったもの。現金や処方箋、ノートパソコン1台が入ったキャビネットを持ち去っており、3時過ぎに警備会社からの連絡で被害に気が付いた。

被害に遭ったノートパソコンには、2015年6月から12月までの保険請求用データ7959件が保存されており、顧客2535人分の氏名や処方医療機関名、処方医師名、コード化された処方内容などが記載されていた。

またキャビネットには、患者288人分の氏名や生年月日、保険番号、処方内容などが記載された処方箋が入っていたが、近隣の路上で鍵を壊されたキャビネットとともに発見され、回収したという。

同社では警察へ被害届を提出したが、パソコンは見つかっていない。データの外部流出や不正利用などは、現時点では確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM