Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール文面使い回しで他顧客の個人情報 - J2ギラヴァンツ北九州

サッカーJリーグのギラヴァンツ北九州は、ユニフォームを注文した1人の個人情報を、ほかの注文者18人に誤ってメールで送信したことを公表した。

12月9日17時ごろ、メールでユニフォームを注文した18人に対し、受付完了のメールを送信。その際、ユニフォームを注文した別の顧客1人の氏名や住所、電話番号、メールアドレスを記載した。受信した顧客からの連絡で判明した。

担当者が受付完了メールを送信する際、先に送っていたメール文を使い回しており、その際に個人情報を削除するのを忘れたという。対象となる顧客には、メールで謝罪した。

(Security NEXT - 2015/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で直行バス申込者のメアド流出 - ガンバ大阪
Jリーグチケット購入者の個人情報入りPCが従業員宅で盗難 - ぴあ
「Jリーグチケット」で他会員情報を誤表示する不具合
シーズンチケット申込用紙が所在不明に - 水戸ホーリーホック
誤送信でオフィシャルショップ会員のメールアドレスが流出 - 浦和レッズ