Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性が未修正の「Joomla!」狙う攻撃が増加 - 1日あたり1万6600件

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla!」に、遠隔からコード実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、未修正のサーバを狙った攻撃が増加していることがわかった。

問題の脆弱性は、「同3.4.6」より以前のバージョンに見つかった「CVE-2015-8562」。「Joomla!」のセキュリティ対策チームでは、「同3.4.6」を公開。さらにPHPにおける既知の脆弱性「CVE-2015-6835」に起因していることが判明。「同3.4.7」の提供が開始されている。

米Symantecによれば、現在も脆弱性が修正されていないサーバが多数存在しており、こうしたサーバを探索してバックドアを設置する攻撃を確認。同社が検知した「Joomla!」に対する攻撃は、12月16日以降、1日あたり平均1万6600件にのぼるという。

流通している悪用コードは、スキルがなくても比較的容易に攻撃へ利用できると分析。攻撃を受けたサイトは、エクスプロイトキットへのリダイレクトに悪用されていた。これ以外にも、マルウェアの配布や、DDoS攻撃の踏み台、情報漏洩といったリスクがあると同社は指摘している。

同社は、ソフトウェアを最新の状態に保ち、ログ監視やバックアップの実施など対策を講じるよう、サーバ管理者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性