Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vvvランサムウェア」はFlash脆弱性で感染、「Angler EK」で拡散 - カスペが分析

拡張子を「vvv」に変更するランサムウェアの被害が報告され、注目が集まっているが、カスペルスキーは、マイナーバージョンアップした「TeslaCrypt」であるとの見解を示した。

同社は、同ランサムウェアについて「TeslaCrypt 2.2.0」であるとの分析結果を示し、従来より存在する「TeslaCrypt 2.0」のマイナーバージョンアップで、拡張子「.vvv」の追加以外に大きな違いはないと説明。同社製品がインストールされているかチェックし、同社製品が導入された環境だと、感染しない特徴を持つという。

感染経路として、エクスプロイトキット「Angler」経由の拡散を確認。10月に「APSB15-27」で修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2015-7645」を悪用していた。

同社製品では「TeslaCrypt 2.0」と同様、「TeslaCrypt 2.2.0」を「Trojan-Ransom.Win32.Bitman」として検知。同社の観測においては、日本国内における感染数はそれほど多くないとしている。

「TeslaCrypt」は初期のバージョンは、被害者が自身で復号ができることが知られている。しかし、「TeslaCrypt 2.0」では、強度な暗号化の機能を備えており、同社は被害に遭った場合に自力で複号化できる見込みはないとの厳しい見方を示している。

さらにWindowsに用意された「シャドウコピー」機能を使えなくするケースもあると指摘。同社は対策として、定期的なバックアップや、OSや各種ソフトウェアを最新版へ更新するなど、日ごろより対策を講じるよう推奨している。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増