Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンのネットスーパーで顧客情報を誤表示 - 作業中の操作ミスで

イオンリテールが運営するネットスーパー「おうちでイオン イオンショップ」において、ほかの顧客の個人情報が表示される事象が発生していたことがわかった。

11月18日21時過ぎから翌19日9時過ぎにかけて誤表示が発生したもの。同じ時間帯にアクセスしていたほかの顧客の個人情報が画面上に表示される状況となった。328人において誤表示が発生した可能性がある。

誤表示された情報は「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「届け先情報」などで、決済情報は含まれない。

同社では、システム作業における操作ミスが原因としており、チェック体制を強化したうえでサイトを再開した。

(Security NEXT - 2015/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市