Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「ColdFusion」の脆弱性3件に対処したホットフィクスを公開

Adobe Systemsは、ColdFusionに存在する複数の脆弱性へ対処したホットフィクス「APSB15-29」を公開した。利用者へアップデートを呼びかけている。

20151119_as_001.jpg
3件の脆弱性を修正したAdobe

今回のアップデートは、3件の脆弱性へ対処したもの。すべてのプラットフォームを対象としており、「同11 Update 6」「同10 Update 17」にくわえ、以前のバージョンも影響を受けるとしている。

入力値の検証機能に起因するクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2015-8052」「CVE-2015-8053」を解消。また「BlazeDS」において生じるサーバサイドのリクエストフォージェリの脆弱性へ対処している。

ホットフィクスの適用優先度は、3段階中2番目にあたる「2」。悪用は確認されていないが、30日以内を目安にアップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供