Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用