Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」
郵便物放棄でパート従業員が書類送検 - 日本郵便
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター