Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で職業訓練生のアドレス流出 - 大原学園

大原学園は、東京都から委託された公共職業訓練の訓練生26人にメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを公表した。

8月20日15時31分、都から委託された公共職業訓練「国際コミュニケーション・リーガルナレッジ科」の訓練生26人に対し、就職状況を確認するメールを送信。その際にメールアドレスを宛先に入力していたため、受信者の氏名やメールアドレスが流出した。

送信から約30分後に担当者が気付き、対象者にメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼した。その後電話による謝罪も行ったという。都では、委託先に対し再発防止策を指示した。

(Security NEXT - 2015/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁