Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、ログ収集ツール「ログハンター」に有償版

コムスクエアは、ログを収集、保存するツール「ログハンター(LogHunter)」を機能強化した有償版を提供開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器で生成されたログを収集するツール。収集したログは自動で圧縮、暗号化して保存する。

これまで同社では、ログ分割ルールや保存容量など、一部機能を制限した無償版を提供してきたが、制限を解除した有償版を用意。ログ分割のルールを無制限としたほか、エントリーモデルでは200Gバイト、スタンダードでは500Gバイト、アドバンストでは1Tバイトまで保存が可能。保守とサポートも提供する。

初期ライセンスの価格は、エントリーモデルが5万円、スタンダードが10万円。アドバンストが15万円。別途年間保守費用が必要で、それぞれ1万円。2万円、3万円。

(Security NEXT - 2015/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載